いつ起こるかわからない大災害に、日ごろの備えとサバイバルをノートにしました。
  • HOME »
  • 車で避難

車で避難

災害時に車での避難は判断の難しいところだが早く遠くに移動できる多数の人・物を運べる。車での外出中や被災時に車へ避難しなければならない状況も発生する。
避難生活においても車中泊となる場合もある。常に防災用品を積んでおくことは役立つ。

ドライブレコーダ

ドライブレコーダ 常時車に装着されるドライブレコーダは被災時の映像保存に役立つ場合がある、高画質とGPSがあると良い。 単体に取り出して定点観測などにも使える カロッツェリア (パイオニア) ドライブレコーダー ND-DVR10 記録解像度:フルHD(1920X1080p)、HD …

車での電源

車載用インバータ:災害時、停電での利用を考慮すればできるだけ大容量のものが望ましい、AC出力波形が正弦波のものがパソコンや電子機器の安定動作につながる。 usbカーチャージャー:主にシガーソケットから車のDC12V電源を取り出しUSB-DC5Vに変換する。タブレットやモバイルバッテリー充電には各ポートが2A以上の出力が欲しい、またポート数が多いと便利。

車中泊

災害時のみならず道路状況の悪化で車が立ち往生することや、避難所においてもプライバシーなどの事情によって車中泊をすることがある。レジャーにおいても車中泊をすることもあるので、常備しておけば良い物、注意すべき点。 2016年の熊本地震では車中泊が多くみられた、エコノミー症候群の問題も …

テント

地震による建物の損傷や、被害が少なくても余震が継続している場合、屋外のテントや車内に宿泊することもある。避難所においても屋外にテントを張る車内泊にもやテントの併用も、避難所の屋内でもプライバシー、ストレスの為許されるならテントによって仕切る場合もある、独立した空間を得ることが出来る。

PAGETOP