屋内・避難所内などで人が多くいる場合にはマスクの着用、咳・くしゃみの飛沫に注意、換気をこころがける。屋内は土足厳禁、トイレなどからの土足はもってのほかトイレ用履物に。
石鹸やアルコール洗浄を励行、ゴム手袋やゴム長靴も清潔に。食事は加熱されたもの飲料も清潔な容器で。食器の煮沸消毒も可能ならば。
おむつや排せつ物などの処理にも注意をはらう、汚物・残飯や汚水に付着したウィルス・細菌の拡散や蠅や蚊が発生しないよう。扱う場合には常にマスクやビニール手袋を使用。
 抵抗力の弱い高齢者や幼児にとっては生命の危険を伴う、感染症の予防からは居住可能な限り在宅避難がよい、避難に際しても居住環境では独立した空間、テントや車中泊も考慮に入る。
 冬場は空気感染、夏には蚊・ハエなどによる感染や中毒、熱中症による衰弱も危険。

注意する感染症

風邪・インフルエンザ等の呼吸器感染症
マスクの着用、咳・くしゃみの飛沫を避ける、アルコール消毒、石鹸など手洗い。
ノロウイルス等感染症
下痢、おう吐、吐き気、腹痛など食中毒や感染性胃腸炎、石けんでしっかりと手洗い。
レジオネラ菌による肺炎
災害後のがれきの撤去作業等で吸入し、感染する恐れ、マスク着用。
破傷風
土の中の破傷風菌が傷口に侵入した場合、痙攣や呼吸困難で死に至る非常に危険。