いつ起こるかわからない大災害に、日ごろの備えとサバイバルをノートにしました。

食料・飲料確保

災害時の食料の備蓄には3日から一週間ほどが必要とされる、飲料水の確保も必要となる。在宅で避難生活では電気、水道、ガスの復旧に一週間以上掛かる事態もあり得る。日常のコンロやレンジが使えない場合の調理手段を備えておく。

調理手段

電気、水道、ガスの復旧に一週間以上掛かる事態がある。 食料・飲料水の備蓄も必要だが調理に必要な熱源の確保とそれに伴う調理器具を考慮しておく。 停電で電気釜が使えない、ガスが止まりガスコンロが使えない場合に代替えの方法は。 停電で電気釜が使えない。 ノーリツ 温調機能用炊飯鍋 LP …

食料・飲料の備蓄

乾パン・クラッカーなどの非常食で2~3日過ごせても、避難が長引くと体調を壊したり食欲不振に衰弱する。備蓄したレトルトや缶詰、インスタント食品に加熱調理や熱湯が必要になるので熱源確保と、避難中にたとえ電気・ガス供給が不自由でも調理手段によって炊事が可能であるように。乳児にミルクの備 …

PAGETOP