いつ起こるかわからない大災害に、日ごろの備えとサバイバルをノートにしました。
  • HOME »
  • 電源確保

電源確保

広域に災害が及ぶような場合には、停電復旧工事は遅れ深刻なダメージとなる。
東日本大震災では仙台市内全域の回復に一か月以上要した。

ポータブルバッテリー

リチウムイオンバッテリーによる大容量で持ち運びのできるポータブルバッテリーの利用が増えている。カーバッテリーと異なりAC100Vやソーラパネルからも充電が可能、出力もDCやAC出力も可能なので、災害時やキャンプなど、電源供給が不安定な環境での備えに最適。ソーラパネルからの蓄電が手 …

自家発電

ガソリンエンジン発電機、ガス発電機、ソーラー発電、風力発電等。AC100Vの出力、パソコンなどには電源の波形が正弦波のものを選ぶ、バッテリーへの充電を合わせて考える。ガソリン、プロパンなどの発電機の設置場所はエンジン音、排気ガス、燃料保管場所の配慮が必要、コンパクトといえ嵩張る。これらの点から室内や避難所など人が密集する場所を避ける

UPS(無停電電源)

無停電電源装置は、コンピュータや通信・防災・制御機器等基幹システムに用いられる、電源を要する「ひかり電話」(FTTH) の停電対策としても有効。 給電方式は、正常なときは電源を供給しながら電源を直流に変換し電池を充電する、電源が停止したとき、バッテリーからインバータでAC100V …

ソーラーパネル

ソーラーパネル *関連:蓄電・充電 単結晶シリコン太陽電池と多結晶シリコン太陽電池がある。単結晶は高純度で変換効率が高いがコスト高。多結晶シリコン太陽電池は純度が低く変換効率が低いがコスト安。少ない枚数で多くの発電量を得ようとするなら単結晶の方が良いが、広い面積に価格を抑えたい場 …

モバイルバッテリー

最低限スマフォの充電とインターネットへのアクセスに。出来れば専用に大容量なバッテリーが。 モバイルバッテリー Anker PowerCore 13000 (13000mAh 2ポート) iPhone&Android対応 容量:10000mAh 2つのUSBポート(各ポート …

車での電源

車載用インバータ:災害時、停電での利用を考慮すればできるだけ大容量のものが望ましい、AC出力波形が正弦波のものがパソコンや電子機器の安定動作につながる。 usbカーチャージャー:主にシガーソケットから車のDC12V電源を取り出しUSB-DC5Vに変換する。タブレットやモバイルバッテリー充電には各ポートが2A以上の出力が欲しい、またポート数が多いと便利。

バッテリー充電

主としてDC12Vバッテリーへの充電、種類は鉛電池(液継ぎ足し、シールド、ドライ)、リチウムイオンバッテリに関して。 バッテリーの種類やバッテリの容量の状態、急速充電などによって使う充電器や充電方法はそれぞれ異なる。 誤ると過充電によるバッテリー損傷やガス発生などに注意が必要。鉛 …

充電池

充電できる乾電池型は主にニッケル水素電池とニッケルカドミウム電池がある、どちらも1.5V出力。 リチウムイオン電池とリチウムポリマー電池では、電解液が液状かポリマー状かの違い、同様の性能、 不良品には発火の危険性があるが、信頼できるメーカーを選ぶ。 リチウム電池は乾電池と同様の形 …

カーバッテリー

停電時にはエンジンで充電を行えるカーバッテリーを有効に使う。電圧には12Vと24Vがある。カーバッテリーを単体で使う場合には従来の鉛蓄電機以外にリチウムイオンバッテリーもある。AC100Vや自家発電機などから充電器を使って充電する。停電非常電源、ソーラー発電の蓄電、アウトドア、サ …

PAGETOP